おのはら心のクリニック|八王子 心療内科 精神科

おのはら心のクリニック

PTSD
(心的外傷後ストレス障害)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、災害や事故・事件など、突然の不幸な出来事によって受けた心の負担が原因となって、その後の日常生活の中に影響を及ぼしてしまう後遺症のことを指します。

心の傷については、トラウマという言葉が使われる場合がありますが、PTSDは「非常に大きなトラウマ」という位置付けになります。

PTSD(心的外傷後
ストレス障害)の症状

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状は、具体的には以下の3種類に分けられます。

再体験症状

心の傷の原因となった出来事が、感情をともなって何度も浮かび夢に見たりなどと繰り返し再体験される症状。

フラッシュバックとは再体験の程度が強い今まさにその出来事を体験しているかのような現実感をともなうもの。

心の傷を思い出させるものの回避

心の傷に関わるものを避けるようになる、または感情が麻痺して鈍感になる。

緊張状態の持続

眠れなくなったり、物事に過剰に反応する、集中できなくなる。

PTSD(心的外傷後
ストレス障害)の原因

直接的なきっかけとなるのは、衝撃的な不幸体験(心的外傷)になります。

しかし、その後も大きなストレスを抱え続ける(ストレス障害)かどうかは、個人のストレスに対する耐性や心の傷の受け止め方、種類、周りからのサポートがあったかどうかなどの要因が関わってきます。

PTSD(心的外傷後
ストレス障害)の治療

PTSDは、数回にわたる面談によって、心の傷を癒していく方法が一般的です。

また、必要に応じて適切なお薬の服用を行う場合があります。

もしご自身やご家族・友人の方で、心の傷を抱えていらっしゃる方がいる場合、当クリニックまでご相談ください。